読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新刊コミック案内

鉄板の人気コミック、知る人ぞ知るディープなコミックの新刊を、3分で読めるシンプルな文章で紹介します

島本和彦『アオイホノオ 16』

『アオイホノオ』は、島本和彦の自伝的青春漫画である。ストーリーには、かなりの誇張や演出があるものの、庵野秀明や岡田斗司夫、矢野健太郎といった実在の有名人が登場し、成功してからの島本の生活を描いた『吠えろペン』よりは、実話に近く、多くの伝説…

新海誠・琴音らんまる『君の名は。』 01

新海誠原作、琴音らんまる漫画『君の名は。』01は、大ヒット上演中(2016・8~)の新海誠監督のアニメーション映画『君の名は。』のコミカライズだ。生まれ変わったら男の子になりたい、それが口癖だった田舎の女子高生宮水三葉は、不思議な夢を見る。はっき…

目次

10) 大場つぐみ・小畑健『プラチナエンド 2』9)板垣恵介『刃牙道 11』8)和夏弘雨・碧海景『火葬場のない町に鐘が鳴る時 5』7)小山宙哉『宇宙兄弟 28』6) 北条司『エンジェル・ハート 2ndシーズン 13』 5) 大場つぐみ×小畑健『プラチナエンド 1』4) 板垣恵介…

大場つぐみ・小畑健『プラチナエンド 2』

『デスノート』そして『バクマン。』を生んだ大場つぐみ原作、小橋健のゴールデンコンビがおくる『プラチナエンド』も第二巻。かなり複雑なルールを持ったストーリーなので、若干の解説が必要だ。 【第一巻のあらすじ】 神が引退を宣言したため、天使たちは…

板垣恵介『刃牙道 11』

板垣恵介『刃牙道』とは、要するに、それまでの刃牙シリーズでいったん出来上がってしまった、格闘技界の序列(ヒエラルキー)をいったんシャッフルし、再度新たな基準でそのつ強弱をつけ直すという試みである。その中心となるのが、クローン技術によって、…

和夏弘雨・碧海景『火葬場のない町に鐘が鳴る時 5』

碧海景原案、和夏弘雨漫画による『火葬場のない町に鐘が鳴る時』は、山奥の町を舞台にしたホラー漫画。5巻はそれまで隠されてきた謎が次々に明らかになる重要な巻です。 【4巻までのあらすじ】 10年ぶりに郷里の三途洲町(みとずちょう)に帰った卯月勇…

小山宙哉『宇宙兄弟 28』

南波六太の月面でのミッションと佳境に入った小山宙哉『宇宙兄弟 28』。ネット上で炎上、バッシングの対象となった伊東せりかのISSでの実験も成功裏に終わり、舞台は月の裏面での六太たちジョーカーズの活動へと移る。 彼らのミッションは、シャロン天文…

北条司『エンジェル・ハート 2ndシーズン 13』

文中敬称略 『シティーハンター』の続編(作者北条司は、香の死を確定事項としないため、あくまでパラレルワールドと主張する)とも言うべき『エンジェル・ハート』2nd シーズン 13の冒頭を飾るのは、冴羽獠と香瑩、牧村香を結ぶ一つの料理の話だ。獠が腹ペ…

大場つぐみ×小畑健『プラチナエンド 1』

な 『デスノート』、『バクマン。』の大場つぐみと小畑健のゴールデンコンビが久々に組んで送る新作『プラチナエンド』は、『バクマン。』の作中作の『REVERSI』を思わせる天使の登場するバトル物のファンタジーだ。 あらすじ 架橋明日(かけはし みらい)は…

板垣恵介『刃牙道 9』

刃牙道 9 【8巻までのあらすじ】 『刃牙道』は地下格闘技場の少年王者範馬刃牙を主人公とした『グラップラー刃牙』『刃牙』『範馬刃牙』に続くバキシリーズの最新作。「地上最強の生物」範馬勇次郎との戦いを終えた刃牙たち格闘家は退屈しきっていたところ…

諌山創『進撃の巨人 18』

進撃の巨人 18 16,17巻とヒストリアらレイス家の人々、浅からぬ因縁のあったリヴァイとケニーと、登場人物たちの過去の謎を明らかにしてきた諌山創『進撃の巨人』だが、18巻ではいよいよエレン・イェーガーの生い立ちが語られる。自分の息子を実験台にする…

小山宙也『宇宙兄弟 27』

宇宙兄弟 27 ついに月に足を踏み出した南波六太。その一方で伊東せりかはISS(国際宇宙ステーション)でALSの特効薬をつくるための実験に日々励んでいた。父親をALSで失ったせりかにとって、それは長年の悲願だったが、地上ではネット上の悪意ある情報によっ…

荒川弘×田中芳樹『アルスラーン戦記 4』

文中敬称略 アルスラーン戦記 4 田中芳樹原作、荒川弘漫画の『アルスラーン戦記』も第四巻。 王都ルシタニアを占拠されたパルスの王子アルスラーンの一行は、兵力の増強をはかるべくカシャーン城塞の主、ホディールのもとを訪ねる。しかし、ホディールは、ア…